【6/23】第1回 「売る力」基本講座 久留米 【やり方や考え方を少し変えるだけで思った以上の力を発揮することが出来ます】
,

【6/23】第1回 「売る力」基本講座 久留米 【やり方や考え方を少し変えるだけで思った以上の力を発揮することが出来ます】

ここが違います!! 売れる人、売れない人。 売る為に絶対に押さえたいポイントをカリスマが経験を交えて伝授!! 「売れる人、売れない人の話題」 「営業」「セールス」と聞くと難しい、キツイ、といったイメージをお持ちの方が多いのではないだろうか。実は私も当初、そう思っていた中の一人です。安心してください。やり方や考え方を少し変えるだけで思った以上の力を発揮することが出来ます。 <セミナー内容> ○  取り扱う商品は好きですか? ○  今のあなたに足りないものとは? 陽転思考と単純思考 ○  あなたの目標設定は正しいですか? ※ 質疑応答あり。参加者に合わせて内容が変わります。 <場所> 日時:2019年06月23日(日曜日) 14:00時~16:00時 場所:MEKURUTO(福岡県久留米市中央町1-7 第一田中ビル2F) 参加費:1000円 (1ドリンク付) MEKURUTOでの新しい朝。想いや課題をかかえた個人や企業・行政が、ワクワクする学びの場。 いい音楽と美味しいコーヒーの香りの中で、自分たちの街をつくっていく場所。 自分と地域との新しいページをめくる場所。ぜひご一緒に <講師プロフィール> 山崎種美(ヤマサキタネミ)長崎県出身 高島屋でのサラリーマンを経てフルコミッション(完全歩合制)の外資系企業「ブリタニカ」に入社。当初「ネガザキ(ネガティブ山崎の略)」と呼ばれる程のダメ営業マンが入社一年目で全国販売コンテスト1・2位を競う営業マンへ。1年5ヶ月でその手腕を認められ支店長に抜擢される。わずか9年で当時最年少の西日本統括支社長(Div. デビジョンマネージャー)に就任。

【6/17】くるめぐらし会議vol.04 筑後ほとめきカレッジ一年後報告会
,

【6/17】くるめぐらし会議vol.04 筑後ほとめきカレッジ一年後報告会

【くるめぐらし会議vol.04 筑後ほとめきカレッジ*一年後報告会】 ストックデザイン & マネジメント (SDM) 地域エスコートプログラムのその後 2017 年 11 月~2018 年 3 月に開催した『筑後ほとめきカレッジ』での参加者によるプロジェクト発表から約一年が経ち、 久留米のそれぞれのエリアで活動が目に見える形になってきました。 そこで「筑後ほとめきカレッジ一年後報告会」として、 各プロジェクトのこれまでの活動報告やこれからの動きについての発表や意見交換を行います。 *「筑後ほとめきカレッジ」・・民間まちづくり活動促進事業@久留米 ( 国土交通省都市局 ) の一環で、ランドスケープデザインとまちのイベント をきっかけに、コミュニティを生かした“まちづくりプロジェクトマネージャー′′を養成する連続講座 ■日時:6月17日 (月) 16:00~18:00(受付:15:30~) ■会場:Mekuruto(シェアオフィス) 久留米市中央町 11-1 第一田中ビル 2F ■参加費:1,000…

【6/12】読みたい本をひたすら読む会@mekuruto
,

【6/12】読みたい本をひたすら読む会@mekuruto

ワーゲンバス仕様の移動書店 るーこぼんの大人気イベント 「読みたい本をひたすら読む会」 通常ドロップイン料金¥500/1hのところ 参加費¥2,000円で11:00~15:00までゆっくりお過ごしいただけます!! さらに、 気に入った本1冊プレゼント!! 本を読まない方にも大好評のイベントです! るーこぼんみくじも1回300円(本の割引きあり) で承ります(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑ お子さま無料! プレゼントするもの以外の本もご購入いただけます! *********************************** 日時:2019/6/12(水) 11:00〜15:00 参加代金:2,000円(書籍1冊プレゼント) 場所:mekuruto 〒830-0023 福岡県久留米市中央町11-1 第一田中ビル2階 ※駐車場は近隣のコインパーキングをご利用ください。 ***********************************

【6/1】地域の編集と書く仕事02
,

【6/1】地域の編集と書く仕事02

「地域を編集するチカラとはなんだろう?」 そんな単純な問いからスタートした、この企画。 前回はジャンルの違うメディアを持つ編集者をゲストにお呼びして 「これからどのような地域の編集と発信力が必要なのか」を 地域に暮らす人々自身が一緒になって考えていった。 そして2回目の今回は 久留米の、とあるポータルサイトを題材に 「久留米に必要な地域メディアは?」 「地域メディアの必要性は?」 「地域メディアの継続とは?」 について一緒に考えていきたい。 ※詳しい内容は後ほどアップ 《こんなひとにオススメ!》 ・内に秘めたじぶんの価値観でたまにニヤリとしている。 ・SNSで発信してる、今後したい方 ・ブログで記事を書いている、書きたい方 ・暮らしの編集に興味がある方 ・まちづくりや、地域デザインに興味がある方 ・ライターに興味がある方 ・とあるエリアの魅力を発信したい方 ・まちづくりとか真面目にやってんじゃね。って 実は思ってるひと など、、。 当イベントは、久留米のまちで知恵と知恵がくっつく 「チエツクプロジェクト」と 成長型「シェアオフィスmekuruto」のコラボ企画。 地域編集、書くお仕事、地域デザイン、コミュニティデザイン、関係人口に興味がある方々で、ぜひお誘い合わせの上お越しください。 日時:2019年 6月1日(土)19:00~21:00 場所:Mekuruto (久留米市中央町11-1第一田中ビル2F) 参加費:…

【5/27】知恵つく講座vol.28「みんなが〜したくなるコトを考える」
,

【5/27】知恵つく講座vol.28「みんなが〜したくなるコトを考える」

第28回となった知恵つく講座。 今回はChietsukuProjectがスタートし第1回目の講座の講師。 神戸市役所広報課長の本田亙さんにご登壇いただきます。 知恵つく講座VOL.28 2019年5月27日(月) 講座19:00–21:00/参加費2500円 懇親会21:00-22:30/参加費1500円 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 市民に最も近いところで仕事を行う行政職員。 社会の課題にたくさん出会うからこそ、課題の大きさに愕然としてしまう。 今回、簡単には解決できないけれども社会課題をデザインの力で前向きに解決しようと活動されている神戸市役所の本田亙さんを講師としてお招きします。 講師紹介: 【 本田亙氏 】 1974年生まれ。香川県高松市出身 神戸大学工業部建設学科卒業。同大学院建築学専攻修了。 建築設計事務所時代に、まちづくりなども経験後、2001年神戸市役所入庁。再開発事業や住環境改善などを担当後、創造都市戦略デザイン都市の推進担当へ。KIITOや+designの取り組みを行う。 現在、神戸市役所の広報紙・WEBなどの発信を担う。 共著「地域を変えるデザイン」日本建築学会設計競技「新世紀の田園移住」最優秀賞などを受賞。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 2ヶ月に1回、開催している知恵つく講座では 他県のスペシャルパーソンをお呼びして 知恵と知恵をくっつけながら 自分たちのフィールドに持ち帰り活かす企画を行っています。 今回からスタートする 講座前の「筑後地域のご案内」をオープンアテンドとして 皆さまへのお知らせをさせていただくことになりました。 行政職員の方はもちろん、まちに住んでいる学生や大人の方々まで。 この機会に今の自分たちの課題を解決をするヒントを一緒に見つけませんか?

【5/22】Yohakuサロン×知恵つく講座 みんながメディア論〜ローカルからの情報発信〜
,

【5/22】Yohakuサロン×知恵つく講座 みんながメディア論〜ローカルからの情報発信〜

福岡大好き!久留米大好き! 全国的に見ても、九州人の地元愛は半端ない。 最近は、住み良い街や可能性がある街ランキングにもちらちら登場し、東京など外に出てもUターンで戻ってくる人、戻ってきたくてウズウズしている人が、とっても多い! でも、上辺のキラキラではなく、本当の今のまちで起こっていることは、まちの外に伝わっているの? 大好きな福岡を離れて、東京に住んでいるからこそ見える「外から目線」の魅力。 プロの立場から、そして福岡のために活動してきて感じている熱い想いを、久留米のまちのみんなと共有し、知恵と知恵をくっ付けて余白を広げましょう。 日時:2019/05/22(水)19:30~21:00 場所:Mekuruto(福岡県久留米市中央町1-7 第一田中ビル2F) 参加費:2500円 (1drink付)/人数:30名 主催:YOHAKU-DESIGN,Chietsuku,Pjt,etc.. <ゲストプロフィール> 日野 昌暢 (ひの・まさのぶ) 博報堂ケトル プロデューサー 1975年 福岡県福岡市生まれ。東京在住。 九州芸術工科大学 大学院芸術工学府修了後、博報堂に入社。14年間の営業職を経て2014年に博報堂ケトルに加入。大手広告クライアントの業務も行いながら、地方活性をマイテーマに活動。福岡市が運営するニュースサイト『#FUKUOKA』や、高崎市と運営するウェブマガジン『絶メシリスト高崎』をプロデュース。遊べる本屋 ヴィレッジヴァンガードのフリーペーパー「VV Magazine」編集長 <モデレーター> 西田 明紀 YOHAKU-DESIGN 久留米出身。東京や福岡の様々な会社員を経て、フリーランス、福岡地域戦略推進協議会(Fukuoka.D.C)と久留米信愛短大講師のパラレルキャリアなども経験。現在は再び会社員として東京と行ったり来たりしつつ、多様性や越境の余白を広げるYOHAKUサロンを企画。地図マニア、ジャズピアノ弾き。

【5/10】読みたい本をひたすら読む会〜mekuruto the pages〜
,

【5/10】読みたい本をひたすら読む会〜mekuruto the pages〜

ワーゲンバス仕様の移動書店 るーこぼんの大人気イベント 「読みたい本をひたすら読む会」が帰ってきた!!! しかも今度は あなたにピッタリの1冊を店主るーこが選んでプレゼント♪ 新しい時代に、 少し成長できる本を一緒に黙々と読んでみませんか? お子さま無料! プレゼントするもの以外の本もご購入いただけます! *********************************** 日時:2019/5/10(金) 11:00〜15:00 参加代金:2,000円(書籍1冊プレゼント) 場所:mekuruto 〒830-0023 福岡県久留米市中央町11-1 第一田中ビル2階 ※駐車場は近隣のコインパーキングをご利用ください。 ***********************************

【4/13】ナリワイをつくる 〜複業時代の幕開け〜
,

【4/13】ナリワイをつくる 〜複業時代の幕開け〜

「ナリワイ」とは、自分一人で始められて、やればやるほど頭と技が鍛えられ、さらに仲間が増えるもの。 トークゲストにナリワイの伊藤洋志さんを招いて、小商い、多拠点居住、働くこと、暮らすこと、著書「ナリワイをつくる」のことなど語ってもらいます。 働き方改革や、複業、パラレルワークといった言葉を良く耳にするようになりました。 流行りのようなその言葉の意義を自分達に落とし込みたいなと思います。 〜ナリワイの紹介文より〜 学校卒業したら、いきなり一個の仕事に従事してずっと同じ仕事し続けるというのはなんか無理がある。 今の働き方は歴史上ある意味異常なものです。せいぜい100年前は、色んな仕事をして生計を立てている人が大半でした。 大正9年の国勢調査で国民から申告された職業は約3万5000種、現在の厚生労働省の「日本標準職業分類」によれば、今は2167職種。 わずか100年ぐらい前にはかなり仕事の多様性があって、日本人はそれぞれの適性に合わせて生計を立ててました。 その多様性を切り捨てて仕事を専業にして絞り込んで頑張って経済成長してきたのがここ数十年の日本なのですが、専業化しすぎて生活がおろそかになりました。 言い換えると生活と仕事が乖離してしまったわけです。仕事ばっかりして、自分の生活がサービスに依存しすぎている、ということです。 ■話す人:ナリワイ代表 伊藤洋志 氏 ■日時:4月13日(土)19:00〜21:00 ■定員:30名 ■参加費:1000円(学生 500円) ■場所:シェアオフィスMekurto 久留米市中央町 田中ビル2F ■お問合せ:kurume.ijyu.net@gmail.com 09043559423 久留米移住計画 半田 ■共催:久留米大学 冨吉研究室、久留米移住計画 ■講師紹介: 伊藤洋志 氏 1979年生まれ。香川県丸亀市出身。 京都大学大学院農学研究科森林科学専攻修士課程修了。ベンチャー企業を退職後に増刊現代農業(農文協)などで執筆活動を開始、2007年より生活の中から生み出す頭と体が鍛えられる仕事をテーマにナリワイづくりを開始。現在、シェアアトリエや空き家の改修運営や「モンゴル武者修行ツアー」、「熊野暮らし方デザインスクール」のワークショップ企画、「遊撃農家」などのナリワイに加え、野良着メーカーSAGYOのディレクターを務めるほか、「全国床張り協会」といった、ナリワイのギルド的団体運営等の活動も行う。廃材による装飾チーム「スクラップ装飾社」メンバー。…

【3/25】知恵つく講座27・おかえりくるめ編「まちに場と間をつくるひと・つなぐひと」
,

【3/25】知恵つく講座27・おかえりくるめ編「まちに場と間をつくるひと・つなぐひと」

2019年度第1回目の知恵つく講座のご案内です。 6年目を迎える今年度の知恵つく講座は2014年にお越しいただいた講師陣に5年ぶりに再登場していただき、その後の活動を伺うとともに久留米チエツクメンバーのその後の動きと合わせてトークセッションをしていきたいと思います。 おかえり、くるめ編第1回目は大阪より、既存不動産のリノベーションやコンバージョン事業や見ていて妄想が膨らむような楽しい不動産情報サイト「みんなの不動産/水辺不動産」の運営を行っている末村さん。 場づくりや拠点づくり、水辺の活用など、まちの資源を活かし楽しい街になっていくためのプロジェクトをご紹介いただきます! お気軽にご参加いただければ幸いです! ■■■トークゲスト■■■ 末村 巧 氏 大阪が訪れて楽しい街になるためには楽しそうに暮らす人が増えること。そのためにみんなの不動産、水辺不動産という不動産屋とULTRA 2nd COFFEE AND DINER というカフェを営み、水辺のまち再生プロジェクトと北浜水辺協議会で理事をしています。 https://greenz.jp/2013/06/20/2nd_cycle/ みんなの不動産 http://minfudo.com/ 水辺不動産 http://mizube-fudosan.com/ 水辺のまち再生プロジェクト http://www.suito-osaka.net/ 丼池会館 http://dobukan.com/ ■■■講座概要■■■ 知恵つく講座27 おかえりくるめ編 「まちに場と間をつくるひと・つなぐひと」 【 ゲスト】 末村 巧 氏 (資)マットシティ代表社員 【 日時…

【3/23】子どもと学校、社会とルール 〜現実をどのように伝えるのか、子どもをどう守るのか〜
,

【3/23】子どもと学校、社会とルール 〜現実をどのように伝えるのか、子どもをどう守るのか〜

学校、いじめ、けんか、事故、SNS…お子さんを取り巻く環境には様々なリスクが潜んでいます。 “学校内”や“子ども同士”という関係は特殊ですが、そこにもルール(法律)は適用されます。 子どもが被害者や加害者になる事案も少なくありません。 子どもにも法律は適用されるのか? 「子ども同士のことだから…」は通用する?! 未成年者でも損害賠償?! SNSで名誉毀損?! そのとき、親の責任は…? さて、実際はどうなのでしょうか? そこにはどのような現実があるのでしょうか。 また、法律論だけでは解決しづらい部分もあるでしょう。 私たち親は、大人は、その現実をどのように子どもに伝えるべきでしょうか? どのように子どもを守っていくべきでしょうか? 救済手段としてどんなものがあるのでしょうか? これを機に話し合ってみましょう。 <概要> ●日程:2019年3月23日(土) ●時間:14:00~16:00 ●会場:Mekuruto(久留米市中央町11-1 第一田中ビル2階) ●登壇者: 真鍋 亮平(真鍋・日隈法律事務所/共同代表/福岡県弁護士会) ●参加費:500円 (ワンドリンク付き) ●定員:約15名 ●申込み:当ページの参加ボタン ※定員になり次第締め切ります。

Close

お問い合わせ

Would you like to see our space before joining? Come and visit our coworking space. Please fill out the form and our manager will get back asap.